恋愛問題、いじめ、うつ、不登校の相談から解決まで無料で行なっています。

女子大生の不倫【体験談有】不倫事情解説!自分の判断を大切に

女子大生で不倫!?そんなことあり得る!?

 

女子大学生の不倫は20代の恋愛の悩みランキング!で4位にランクインしているくらい多いです!

 

なんで既婚男性に惹かれてしまうの?

 

不倫で悩んでいるけど、同じように悩んでいる人はいないのか…?

 

 

女子大生の不倫。

 

不倫と聞くと、もっぱらマイナスイメージが先行します。

 

「いけないこと」「悪いこと」「倫理・人道に反すること」など、不倫に対する世間の反応や一般論は冷ややかで、厳しいものばかりです。 

 

でも、実際に女子大生が不倫をしてしまったら…。

 

もし当事者になってしまったら、悩むことも苦しいことも多く、つらいのではないでしょうか。

 

 今回は、女子大生で不倫を経験した3人の体験談を中心にお送りします。 

 

 

ライターのtakiです。

 

この記事では女子大生の不倫体験談を中心に、女子大生の不倫事情について詳しく解説していきます。

 

1 女子大生の不倫体験談①

 

2 女子大生の不倫体験談②

 

3 女子大生の不倫体験談③

 

4 女子大生の、既婚男性との出会いの場合

 

5 女子大生はなぜ不倫をするのか?

 

6  軽い気持ちで

 

7 女子大生が不倫で悩む場合

 

上記の内容でお送りします。

 

また、女子大生の不倫で悩む人向けにお伝えしたいポイントは世間体や一般論よりも、「自分はどうしたいか」を大切にしよう

 

この1つです。

 

 

「女子大生の不倫についてお悩みの方は解消、解決法を無料提供しています、

 

こちらの記事「Newスピリチュアル 不倫」をお読みください。」

 

 

女子大生の不倫体験談①体の関係はあまりなかったケース

女子大生の不倫体験談ひとつめは、「体の関係はあまりなかったケース」です。

 

現在は社会人のルリカさん(仮名・23)に話を聞きました。

 

以下、ルリカさんのお話です。

 

 

出会いはFacebookで

女性がバスタブに入っているところ

UとはFacebookで知り合いました。

 

同じ大学の、同じサークル、私が後輩でUがOBでした。

 

写真サークルで、Uの方も写真を続けていたみたいで、Twitterでもつながるようになりました。

 

写真つながりのオフ会で花火大会へ行くことになり、そこで初めてリアルで会いました。

 

私はその時大学2年で、彼は26歳でした。

 

 

 

小柄で童顔。

 

それがUの第一印象でした。

 

Twitterでのやりとりと容姿にギャップがあったので、そこにも惹かれたのかもしれません。

 

 

私は留年してたので、Uにいろいろ相談しました。

 

哲学っぽい話とか人生観とか、まあ銀行員の貫禄っていうんですかね、いろいろ教えてもらいました。

 

 

ご飯に行く関係に

ご飯に行ってからLINEを交換しました。

 

いつも豪華な所じゃなくて、割と庶民派のチェーン店だったり居酒屋だったり。

 

でもUの話が面白かったので、楽しかったですよ。

 

プレゼントもそれなりにしてくれて。

 

ただ、私よりもUの方が連絡はマメで、甘えや束縛は強かったです。

 

 

彼が甘えたがり

ご飯にも行きましたけど、基本は私のアパート中心でした。

 

あとは川の遊歩道を歩いてみたりとか、スーパーをブラブラしたり。

 

料理は得意な方なので、よく作ってました。

 

Uはあんまり積極的に体の関係を求めて来なくて、プラトニックですかね、だから私も安心してしまったんです。

 

独身って言われてもあんまり疑っていませんでした。

体の関係

体の関係は、ほどほどでした。

 

月に1回するかしないかでした。 

 

ある時、「他の人じゃこんな風にはならない」とか言われて。

 

「他の人ってなに?」って聞いたらはぐらかされて、Uを疑いました。

 

「たまには(Uの)家に行きたい」って言ったらものすごく慌てたり、1回Uの家電に電話してみたこともありました。

 

その時の慌てよう、怒りようもすごかったですね。

 

 

大学生の彼氏ができた

Uとその「他の人」っていったい何なんだ。

 

という気持ちがずっと消えず。

 

彼の自宅は私のアパートと結構距離があったので、なかなか苦労したのと、肝心の証拠は何もつかめなかったのですが、やっぱり疑念が消えなくて。

 

ある時Uに「女といるところを見た、写真も撮った。ずっとUを探ってた。あの女が“他の人”だよね?」って言ってみたら、観念して謝ってきました。

 

勝ったような、ショックだったような感じでした。 

 

Uは妻子持ちだと白状してきました。

 

別の彼女という意味の「他の人」じゃなかったので、ショックでした。

 

「別れよう」って言ったら「別れたくない。許してくれ。ルリカが俺の最高なんだよ。ルリカがいないとダメなんだよ」って縋って来て。

 

奥さんを「他の人」扱いした、Uのことは許せなかったです。

 

当然、無理でした。 

 

アパートを引越するまでは、友達の家に泊まったりして、Uからの連絡を無視し続けました。

 

LINEもSNSもブロック。

 

学年的にギリギリだったんですけど、写真サークルを辞めて、大学の音楽系サークルに入り直して、そこで彼氏をなかば強引に作りました。

 

その彼氏とは今も続いています。

 

彼氏を作ったからUとは終わりってことにはなりましたけど、今の彼氏には申し訳なく思っています。

 

私は、奥さんを残して不倫していたUから逃げるための行動しか取らなかったので、今のこれが恋愛と呼べるのかいまだに分かりません。

 

私も誠実じゃないなって感じています。

 

 

⇩ 女子大学生 恋愛悩み(浮気などを含む)関連記事はこちら ⇩

 

 

女子大生の不倫体験談②高校生の頃から付き合っていたケース

女子大生の不倫体験談ふたつめは、大学2年生のえりちさん(仮名)のお話です。

 

えりちさんは高校生の頃から、その相手とお付き合いがあったらしいのですが…。 

 

以下、えりちさんのお話です。

 

 

通っていた店がきっかけ

私の通っていたカラオケ店がきっかけでした。

 

私は当時高校2年生。

 

Kはバイトの大学生でした。

 

もともと私は体型にコンプレックスがあったので、「恋愛なんて縁ないだろうな」と思っていたのですが、彼と付き合う感じになってました。

 

Kは内定も貰っていたので。

 

でも、年が離れていたので、他の友達には言いにくかったです。

 

友達にも、もちろん隠していました。

 

 

ドライブデートが中心

Kの方も、「高校生と付き合っている」ということは隠しておきたかったようで、デートはドライブ中心でした。

 

体の関係も車の中。

 

会ってはドライブ、体、という感じでした。

 

 

パパ活ではなかった

ドライブでパパ活っていうのも変ですよね。

 

私の場合はお金とかそういうのではなく、彼女よりのセフレという感じで。

 

私はKの彼女なんだっていう自覚はありましたけど。

 

体の関係は、私の体型には良い影響だったかもしれませんが、避妊も大変だし、なんというか寂しかったです。

 

避妊は、高校生で妊娠したらヤバいと思っていたので、本当に気を付けていました。

 

 

大学生になったら

私は体型克服のために、中3からダンスをしていました。

 

Kと付き合ってからは、Kのために可愛くなりたくて、と言ってはなんですが、気合の入れ方を変えていました。

 

でも受験もあって、Kとはあまり会えなくなりました。

 

Kは広告代理店に就職しました。 

 

私はなんとか国立大に入学しましたが、連絡は減ったままで。

 

大学が忙しかったので、私もあまり積極的ではありませんでした。

 

ダンスサークルに入って、さらに忙しくしていた夏頃に、Kから「会わない?」と連絡が来て、大学1年生でようやくKと普通のデート、というかイタリアンレストランに行きました。

 

あの時は体の関係もドライブもなく、本当に普通のデートでした。

 

 

別の人と結婚していた

それからはまたKと体の関係が続きました。

 

でもサークルもあったし、忙しかったり疲れたりだったので「普通のデートがしたい」って言ったら、急に冷たくなって帰ってしまったり、というのが多くなりました。

 

Kへの不満が大きくなっていました。

 

大学1年生の冬頃に、高校の友達数人と飲みに行きました。

 

そこでKの話題が出て、「なんか結婚できなそう」と友達が言うので思わず笑ったら、別の子が「いや、就職と同時に結婚したらしいよ」と言ってきて。

 

その子はKと知り合いでした。

 

びっくりしましたが一生懸命平静を装ってました。

 

なんでも、Kは婚活をしていたらしいのです。

 

飲み会が終わった後、KにLINEをしました。 

 

飲み会の3日後くらいにKと会って、その後はもう大喧嘩ですね。

 

Kが「愛情と結婚は別なんだ」って偉そうなこと言ってきたので、思わず手が出ました。

 

ダンスやってたのは、この時のためだったのか、なんて思いましたね。

 

愛情は体の関係だけだなんて考えてるKは本当にダメだと思いました。

 

不倫ということにはなりましたけど、大喧嘩して別れたのでよかったです。

 

男性に関わるのが嫌になったというか、お休みしたいので、当分彼氏はいらないですね。

 

 

⇩ 女子大学生 恋愛 全記事一覧へ⇩

 

 

 

女子大生の不倫体験談③はけ口にされちゃったケース

女子大生の不倫体験談、最後は大学3年生の麻莉さん(仮名)から話を聞きました。

 

麻莉さんは相手の「はけ口」になってしまったそうですが、果たして…。

 

 

以下、麻莉さんのお話です。

 

 

学祭のワークショップで出会う

Cはナンパ師でした。

 

ナンパでも引っ掛かって恋がしたかったんです。

 

大学入学と同時に、同じ学部の人はみんなサークルとかバイト先で彼氏作ってるのに、私はできなくて。

 

だから余計に、ナンパされて嬉しかったんです。

 

文化祭でワークショップしてる時にナンパされました。

 

実行委員会が見回ってたので、文化祭が終わった後、夜にまたということで連絡先を交換しました。 

 

その日の夜は、ホテルに入ってるレストランで食事しました。

 

高級中華でした。

 

明らかに私、浮いてる…ってドキドキしたんですが、Cはフォローが上手かったですね。

 

 

遊びで終わるかと思ったのに

遊びで終わるのかなぁって思ってたので、最初から割り切っていました。

 

Cは自営業で、私は大学1年生。

 

年の差がありすぎたし、Cには配偶者がいました。

 

割り切っていたから、罪悪感はなかったです。

 

Cからの体の要求にはなるべく応じていました。 

 

Cには私以外にも相手がいたようです。

 

既婚なのにバカだな、くらいにしか思っていませんでした。

 

まともな恋愛でなくてもいいから、ただ「恋愛してる」という実感を、私は欲しかったんだと思います。

 

 

はけ口になりたくなかった

でも、Cの方が割り切ってくれませんでした。

 

はじめのうちは聞いてあげましたが、だんだん気持ち悪くなりました。

 

「電器屋辞めて俳優になる」とか、「嫁とお前ら、みんなまとめて一緒に住もう」とかアホなことまで言ってきて、コイツ危ないと思いました。

 

要するに私は、Cのはけ口になっていました。 

 

ある時「麻莉と結婚し直す」と言ってきて、「お嫁さんはどうしたの!?」って聞いたら「不倫がバレて追い出された」って言われて。

 

だんだん私自身の罪の重さが分かってきたのと、Cを割り切りたい一心で「一緒に謝ろう」と言いました。

 

Cは狼狽えましたが、私が引きませんでした。

 

 

慎重になった

バイト先に、Cの配偶者とCを呼びました。

 

私は謝って、「慰謝料払います。Cさんとも別れます」とお嫁さんに言いました。

 

Cのお嫁さんは、Cがナンパ師で何人も囲っていることを知っていました。

 

一生慰謝料払い続ける覚悟あるの、とか言われましたが、「大学生の内に一括で払います。両親にも相談して、足りない分は埋め合わせして必ず払います」と私も食い下がりました。

 

やがて、「Cには他にも相手がいる。あなたに謝られても、どうしようもない」とお嫁さんが言ってきました。

 

「弁護士を雇うつもりはないから、Cにもあなたにも消えて欲しい」と言って、お嫁さんは出て行ってしまいました。

 

その日以降のCがどうなったのか分かりません。

 

もう少し恋愛に慎重になろうと思って反省しました。

 

今は就活、インターン先で出会いを探しています。

 

 

 

 

 

「女子大生の不倫についてお悩みの方は解消、解決法を無料提供しています、こちらの記事「Newスピリチュアル 不倫」をお読みください。」

 

 

女子大生の不倫恋愛事情について

この章では、女子大生の不倫事情について、章を区切りながら解説をしていきます。

 

  • 女子大生の、既婚男性との出会いの場
  • 女子大生はなぜ不倫をするのか?
  • 軽い気持ちで
  • 女子大生が不倫で悩む場合

 

特に、「軽い気持ち」で不倫に走るのには、注意が必要でしょう。

 

 

以下、章ごとに解説をしていきます。

女子大生の、既婚男性との出会いの場

この章では、不倫する女子大生がどのようにして既婚男性と出会うのかについて、解説します。

SNS

女子大生と既婚男性の出会いの場として挙げられるのは、SNSです。

 

実名登録のFacebookなどより、匿名性の高いTwitterなどが好まれます。

 

趣味や話題が合えば、会うまでが短い道のりになることも。

 

既婚男性にとっても、ブラウザ上でやり取りすれば端末に連絡履歴が残らないので、好む人が多いようです。

 

 

 

アルバイト先

女子大生と既婚男性の出会いの場として挙げられる主な場所は、アルバイト先です。

 

アルバイト先と言えど、大学生だけでなく正社員、店長や副店長も働いているので、そういった人たちと出会いから恋愛に発展する可能性は大いにあります。

 

アルバイト先だとお互いに素性を知っていることが多いので、不倫と自覚しながら付き合うケースが多いでしょう。

 

 

ボランティア

ボランティアには女子大生だけでなく、幅広い年齢層が参加することも多いため、女子大生と既婚男性の出会いの場になり得ます。

 

ただしこの場合は、意図的に出会いを探しているというより、一生懸命作業している姿にお互い惹かれ合う、というケースが多いでしょう。

 

ボランティアは出会いの場になり得ますが、変な人や「出会いだけが目的」で来ている人は少ないからです。

 

ただし女子大生側が、既婚男性に「独身だ」と嘘をつかれ、後から不倫関係になっていたと発覚するケースもあります。

 

 

 

 

従業員と客の関係で

既婚男性が店側の常連で、女子大生が底のアルバイトをしていて出会うケース

 

女子大生が客として店に入ったところで、従業員である既婚男性と出会うケース

 

上記のような「従業員と客」の関係で、女子大生と既婚男性が出会うケースもあります。

 

仕事している姿、てきぱきと動いている姿を見て客側が一目惚れ、あるいは客としてきている相手の立ち居振る舞いを見て、従業員側がいいなと思う場合など様々ですが、「見た目に惹かれる」パターンが不倫では多いようです。

  

▽女子大学生と社会人の出会い機会は下記に詳細有り▽

 

女子大学生と社会人両方の出会い方11選。立場の違いで魅力↑!

 

 

女子大生はなぜ不倫をするのか?

なぜ女子大生は不倫をするのでしょうか?

 

女子大生と既婚男性という立場の違いにも、理由がありました。

 

 

この章で解説をしていきます。

女子大生にとっての既婚男性

女性が洋服を買うために選んでいるところ

女子大生にとっての既婚男性は、年上であるという他にも

 

  • 包容力がある
  • 経済力がある
  • 大人な対応をしてくれそう
  • 経験豊富

 

など、「良い」と思われている面が沢山あります。

 

包容力もそうですが、経済力に惹かれる女子大生が多いようです。

都合がつきやすい

女子大生は既婚男性に比べると自由な時間が多く、既婚男性側の予定に合わせやすいのも、不倫を助長する要因と言えます。

 

女子大生側が予定を合わせてくれると、既婚男性も平日など家族にバレないように会えますし、女子大生は女子大生で休日は友達と遊んだり、バイトしたり、強者だと他の彼氏とデートするパターンもあります。

 

会う回数が多いほど恋愛は先に進みやすいので、都合をつけやすいのは不倫にとってもメリットのようです。

 

 

 

 

どちらにもメリットがある?

  • 既婚男性としては、若い女性と付き合えるので欲求や自尊心が満たされる
  • 女子大生は、大学生の恋人では届かないようなプレゼントをもらえたり、体験したり、価値観を教えてもらうことが出来る

上記のように、双方にメリットがあり、利害が一致する場合が多いので、不倫にハマってしまう女子大生も少なくありません。

 

⇩ 女子大学生 恋愛悩み(浮気などを含む)関連記事はこちら ⇩

 

 

軽い気持ちで

「軽い気持ちで」不倫に走ってしまう女子大生は、少なくありません。

 

「軽い気持ちで」というのは、不倫だけでなく恋愛においても注意が必要なケースです。

 

以下、解説をしていきます。

 

 

付き合うつもりじゃなかった

女子大生の不倫に多いのが、「付き合うつもりじゃなかったのに…」というケースです。

 

不倫では体の関係を結ぶことが多いので、それで既婚男性を本気で好きになる場合と、割り切っているけど好きという場合と、いろんな感情が出てきます。

 

女性は体の関係を結んで、良い思いをした場合にその男性を好きになってしまう傾向があります(個人差あり)。

 

付き合うつもりでなくても、一度ハマると抜け出せない女子大生が多いのが、不倫の厄介な問題です。

 

 

本気になるケース

女子大生が不倫によって、「付き合うつもりじゃなかった」から本気になるケースがあります。

 

本気になると、女子大生と不倫している既婚男性の家族に嫉妬したり、自分が一番になろうとして強硬手段に出る場合もあります。

 

すでに相手がいる男性を本気で好きになることは、つらいことの方が多いでしょう。

 

しかし嫉妬は不倫だけでなく、恋愛において「壊す」要素が強い感情です。

 

本気になった時こそ、冷静になるのが大切でしょう。

 

 

割り切るケース

女子大生の不倫では、既婚男性との関係をはじめから割り切っているパターンもあります。

 

割り切ることで感情の深入りを防止し、「遊びの関係」という線引きをしながら付き合います。

 

既婚男性の家族と立場を比べることもないので、深く傷付くことも避けられます。

 

割り切る立場で不倫をし、経験値を上げようとするパターンもあります。

 

 

▽この記事は大学生カップルの出会い、デート(費用・内容・デート先) 会う頻度、夜のこと、別れる原因、長続きのコツ!交際期間や同棲のこと、就職後関係まで網羅、詳細解説!一読あれ役たつヒントが必ず見つかるよ。▽

 

「大学生カップル長く続けたい!【尊重・距離感】ゴールインまで」

 

 

女子大生が不倫で悩む場合

女子大生になって、不倫してしまった…。

 

悩んでいる時、どうすればいいのでしょう?

 

この章を参考にしてみてください。

 

 

親しい人に相談してみる

女子大生が不倫で苦しい場合、世間や一般論を気にしてなかなか相談出来ない場合があります。

 

大学生という立場も、良い面もあれば悪い面もあります。

 

肉親には打ち明けにくいはず。

 

悩んで苦しい場合はいっそのこと、よく理解してくれる仲の良い友達に打ち明けてみましょう。

 

「非難が多い」と思われる不倫ですが、悩んで苦しいことに変わりはないので、誰かに話して頭を整理できるだけでも違うはずです。

 

良い面も悪い面も受け止めてくれる友達に話すのが良いでしょう。

 

また、無料都内女子大学生スピリチュアル相談室でも、 女子大生の不倫についてお悩みの方は解消、解決法を無料提供しています、

 

こちらの記事「Newスピリチュアル 不倫」をお読みください

 

自分はどうしたいのか、考えてみる

不倫というのは、一般的に「ダメなこと」「悪いこと」「倫理観に反すること」で、多くの人からの非難の対象となります。

 

当事者になってしまうと集中砲火を浴びるので、冷静な判断力を失いがちになりますし、

周りの意見は「別れなさい」の一点張りになるでしょう。

 

ここで肝心なのは、「自分自身がどうしたいのか」ということです。

 

女子大生でもその既婚男性を遊びではなく、本当に好きだった場合は、

特に「自分はどうしたいのか」を大切にしましょう。

 

人の意見に流されても、良い方向に行くことはあまりないからです。

 

自分の人生の中で、その彼がどういう存在かということを、よく考えてみてください。 

 

 

   

自分で決める

女子大生が不倫した後にとる行動は、大きく分けて2つです。

 

  • 今の関係を続ける
  • 別れる

 

どちらを選ぶにしても、仲が良くて信頼できる人に不倫を打ち明けたとしても、人の意見で決めるのではなく、自分がどうしたいかで決めることをおすすめします。

 

不倫もそうですが、恋愛では様々な一般論が飛び交っていますよね…。 

 

 

▽どんな恋愛の悩みが多いのか、チェックしたい方はこちら!▽ 

 

恋愛の悩みランキング!【悩み克服を解説】両想いでも悩む! 

 

 

まとめ

 

今回は、女子大生の不倫事情について、解説をしました。

 

女子大生の不倫で悩む人向けにお伝えしたいポイントは

 

世間体や一般論よりも、「自分はどうしたいか」を大切にしよう

 

この1つです。

 

不倫と言うのは、確かに良くないことです。

 

恋愛というのは本来自由であり、制度に縛られることで弊害や勘違いが起きて、悲しい事件になっているケースも少なくありません。

 

「もうすでに結婚している」相手との恋愛もまた、愛するという点においては自由ですが、それを「自分のもの」にしようとした時、悲しい思いをする人がいる。

 

それゆえ、不倫は「良くないこと」とされています。 

 

しかし、恋愛および結婚が「誰かを自分の所有物にすること」という考え方をすることもまた、正しいこととは言えません。 

 

非難の多い不倫。

 

だからこそ、当事者になったら自分をしっかり保つ覚悟でいないと、「非難されたから死にたい・消えたい」では何も解決しません。

 

「自分がどうしたいのか」を常日頃大切にして、恋愛したいですね。 

 

「女子大生の不倫についてお悩みの方は解消、解決法を無料提供しています、こちらの記事 「New スピリチュアル不倫」をお読みください。

 

 

  

 

⇩ 女子大学生 恋愛悩み(浮気などを含む)関連記事はこちら ⇩